登場人物 紹介


<< うちの妹のばあい メインページへ 



 
舞浜和樹

 主人公の親友。
 自分がひとりっ子のため、妹のいる主人公のことをいつも羨ましがって
 いる。

 所属している野球部では、1年生の頃からエースピッチャーとして君臨。
 女子からの人気も高く、周囲からはなぜ恋人をつくらないのかと不思議
 がられている。

 最近は何かと、優香のことを気にした言動が多いようだが…。


「和樹君、昨日は試合だったし疲れたでしょ?」

「うんっ。ボク、疲れたでちゅよー。
 昨日は優香ちゃんのためにがんばったでちゅ♪」

「さ…さっきは、あのぐらいで疲れるような練習は
 してないって…」

「なんでちゅか、あなたは?」

「気持ち悪いって、その赤ちゃん言葉…」

「なんで? かわいいじゃん、ねぇ〜?」

「でちゅ〜♪」

「…………」
※注:お兄ちゃんは親友に激しい殺意を覚えています

 

「最近、優香ちゃん……生理がきてないらしい」

「ぶっ、生理がきてない!?」

「生理がきてないって、どういうこと?
 まさか、優香……ご懐妊?」

「…心当たりはあるわけだな、達也」

「…………」

思い返してみても、どれのことやら……な状態。

後悔したところで、今すぐ優香に生理がくるわけでも
ない。

保健体育の授業で、しつこく避妊には気を使えと
教えられていたというのに…。

 

「おい、達也。どういうことだ!
 今、優香ちゃんが泣きながら廊下を走って…」

「…………」

「…お前、何やったんだよ?」

「いや…」

「いやじゃねえだろ!
 お前…何、優香ちゃんを泣かせてんだよ!?」

 

「…俺は往生際が悪いだけさ。
 だから今日まで、野球を続けてきた」